ラピスラズリの青

主に自分の好きなものや興味のあることと企業をからめて

5%OFFの写真集

▶ 5%OFFの写真集

乃木坂46の4期生、欅坂46の2期生、日向坂46の3期生とともにオーディションに合格しながらも、今まで存在が明らかになっていなかった坂道研修生だが、東京・大阪・名古屋での研修生ライブを前に、ついに今日発売の雑誌「BRODY 12月号」で特集が組まれた。

BRODY (ブロディ) 2019年12月号

BRODY (ブロディ) 2019年12月号

 

 

自分的には、4期生の加入から1年近く経ち、4期生の個性やメンバーとの関係性も理解してきたばかりの今、研修生が各グループに配属されてくるのには抵抗感がないわけではない。しかし、研修生は悪くないし、オーディションから1年近く表舞台に出ないところで下積みをしていたと思うとこれは応援したくなる。かわいい子も多いので多分、すぐに好きになるのだろう。現時点では佐藤璃果ちゃんが気になる。

 

というわけで、今日このBRODY12月号を買いに書店に行ってきたのだが、書店で気づいた。大規模書店でなく、中小規模書店で本や雑誌を買うと、これもキャッシュレス・ポイント還元事業の対象になり、購入額の5%が還元になる。本や雑誌は、普通は再販売価格維持制度といって出版社が決めた定価でしか買うことはできないので、還元事業で実質5%安く買えるというのが盲点だった。

 

そして「中小規模事業者」の定義は、小売業で①資本金5,000万円以下、又は従業員50人以下、②直近3年の課税所得が15億円以下、というのが条件なので、紀伊国屋書店のように売上高1,031億円もあっても、資本金が3,600万円で課税所得の条件も②を満たしているので、中小規模事業者。うちの近所にあるくまざわ書店は、キャッシュレス還元事業を見越してか、資本金を9,000万円から5,000万円に減資していて、これも中小規模事業者。

 

自分は10月1日までは、全然、キャッシュレス決済とか興味もなければ使ってもいなかったけど、最近はPayPayとカードを使いまくっている。株で5%儲けるにはそれなりに銘柄研究したり、値動きを見たりしていなければならないが、キャッシュレス決済をするだけで、税金で5%安く外食したり、買い物したりできるわけなのだから使わない手はない。

 

来年6月までの政策ではあるが、なかなか効果は大きそうな気がする。12月に発売される『乃木撮 Vol.2』も5%還元対象の書店で買おう。

 

▶今日の関連株

シーガイアと日向坂46

▶シーガイアと日向坂46

テレビ東京で10月21日に放送された『日向坂で会いましょう』は、宮崎県での放送開始を祝しての3週にわたる「宮崎ロケ回」の前編だった。

f:id:enterprise-research:20191022074953p:plain

綺麗なプールの場面から番組はスタートするのだが、これですぐわかった。

 

ここは宮崎県にあるリゾート施設「フェニックス・シーガイア・リゾート 」。そして始まる、春日さんによるシーガイアの紹介映像。。。

f:id:enterprise-research:20191022075248p:plain

 

f:id:enterprise-research:20191022085221p:plain

 

宮崎県は1960年代から70年代にかけて新婚旅行のメッカと呼ばれた時代があったが、円高や米国のビザ免除により海外旅行のハードルが下がると、観光客が減少。そのような時代背景にバブル景気が重なった1987年に総合保養地域整備法(いわゆるリゾート法)が制定され、全国各地の大規模リゾート開発が税制面から優遇された。その適用第一号となったのが宮崎県の「シーガイア」だった。

 

シーガイアは高さ154mの高層ホテル、国際会議場、世界最大の屋内プール「オーシャンドーム」、ゴルフ場などで構成され、総事業費はバブルの余韻の中で2,000億円を超えるものとなっていった。しかし、バブル期に計画された過大な計画は、完成する前にバブル崩壊を迎え、初年度から入場者数は計画の半分という状況。

 

一度も黒字になることはなく、2001年に会社更生法適用を申請し2,911億円の負債を抱え経営破綻、2,000億円を投じた「シーガイア」は、わずか162億円で再建スポンサーとなった企業再生ファンド「リップルウッド・ホールディングス」に売却された。しかし、これまで新生銀行日本テレコム(現‐ソフトバンクモバイル)を再建してきた再建のプロであるリップルウッドをしてもシーガイアを立て直すことはできず、2012年にパチンコ・パチスロ機メーカーのセガサミーホールディングスに58億円で転売している。(セガサミーは将来的にシーガイアにカジノ関連施設を設置することに意欲的)

 

f:id:enterprise-research:20191022084739p:plain

「最終黒字になったのは2010年、2016年のみ」

1993年の開業からこの間、最終黒字になったのは、2期のみ。赤字幅は縮小傾向にあるものの厳しい経営状況が続いている。土地柄、韓国人観光客が少なくないはずなので、今期は日韓関係の余波を受けていそうだが、2019年3月期は74百万円の最終赤字だから、日向坂46がシーガイアで3daysライブとかやればなんとか損益トントンに持っていけそうな気がしないでもないよね。

 

カジノを作るにしてもそうだが、開発者が作りたいリゾートを作るのではなく、顧客に求められているものを作らなきゃいけないと思う。その点、日向坂46に来てもらって、ファンが同じ場所に行ってみたいと思わせた今回の取り組みは非常に良い施策なのではと思った。日向坂46の勢いを分けてもらって、シーガイアも頑張ってほしい。

 

 

こんなに好きになっちゃっていいの? (TYPE-A) (Blu-ray Disc付) (特典なし)

こんなに好きになっちゃっていいの? (TYPE-A) (Blu-ray Disc付) (特典なし)

 

 

 ▶今日の関連株

悠理ちゃんのモバメはいつ始まりますか

▶悠理ちゃんのモバメはいつ始まりますか

既に何度か書いているが、乃木坂46の4期生にどハマりしている。4期生の良いところは、たくさんあるけど、みんな個性がしっかりしていて、早い段階から一人一人の色が見えるところが良い。まず興味を持ってもらえなければ、個性まで見てもらえないのがアイドルだが、かわいいだけのアイドルはおもしろくないし、長く応援してもらえないと思う。やはり個性は重要。

 

個性という点で最も見ていて楽しく、応援したくなるのが北川悠理ちゃん。カリフォルニア州出身という自己紹介の時点で「あら?」と思う存在だが、独特の感性でおもしろい言葉を選び、マイペースでおっとりとした喋りをする。文章を書けば、「この子にしか書けない」オリジナルなブログ(一度読んでみてほしい)だし、季節の話題が多いのも、一緒にこの東京の空気や四季の変化を共有していることを感じさせる。

 

もっと悠理ちゃんの好きなもの、考えていることを知りたいし、悠理ちゃんの書く文章が読みたい。というわけで、早く4期生のモバイルメールサービス(※月額330円でメールが届く)が始まらないだろうかと心待ちにしている。

 

 

f:id:enterprise-research:20191019213314p:plain

「加入から1年の出来事は3期生と4期生で似ている」

3期生が加入したときと比べれば、4期生の今後の活動がある程度読めるが、3期生の場合は加入から1年5か月後に個人ブログが、1年6か月後にモバメが開始している。4期生は2018年11月29日に乃木坂46に加入しているので、同じスケジュール感なら2020年5月、6月頃になるだろうか。待ち遠しい。

 

▶今日の関連株

悠理ちゃんはトラックを運転してみたいらしいのでトラック関連株を。。。

北陸新幹線

北陸新幹線

台風19号による被害の象徴的な写真の一つが、長野県にある北陸新幹線車両基地の浸水だろう。千曲川の決壊により、北陸新幹線全車両の3分の1にあたる120両が浸水した。

 

一部の報道では浸水した車両は廃車になる可能性が高いとされているが、北陸新幹線は、東京電力管内(50Hz)、中部電力管内(60Hz)、東北電力管内(50Hz)、北陸電力管内(60Hz)と異なる周波数の電力を使いながら走行するため、周波数の切り替えに対応する車両しか使用できないらしい。それに対応する車両がちょうど今年から上越新幹線に投入されているようで、それを北陸新幹線に転用するしかなさそう?新造するにしても車両メーカーでは生産計画が数年先まで埋まっていて、発注してもすぐには車両を受け取り、北陸新幹線に投入できない事情がある。

 

f:id:enterprise-research:20191018220943p:plain

というわけで週明けの火曜日に車両メーカーの株が上がっていたが、業績にすぐに影響を与えるものではないし、120両で300億円を超えるビジネスとはいえ、インパクトは限定的。新幹線の被害に関連して買うなら、やはりJR東日本系の建設会社の鉄建建設とか東鉄工業第一建設工業とかかな。

 

ついでに今回、被災した北陸新幹線車両基地は、JR東日本側のものだったが、我が故郷、石川県にあるJR西日本側の車両基地は大丈夫なのか調べてみた。

f:id:enterprise-research:20191018193857p:plain

 

100年に一度の規模で雨が降り、手取川の複数の箇所で氾濫が発生した場合でも、白山総合車両所があるところは浸水対象外となっている。また施設自体が4mかさ上げ工事が施されているため、JR東日本車両基地のようなことになるとは考えられなそう。

 

今日、JR東日本は10月25日に金沢‐東京間を全線再開すると発表したが、2週間不通であったことは、観光、ビジネスなどに多大な影響を与えた。開業から4年が経ち、やはり北陸新幹線はすっかり欠くことのできない重要なインフラになったんだと実感する。25日から本数ベースでは約8割の復旧となるようだが、石川県の実家に帰省する際に北陸新幹線を利用する者の一人としては、早期の完全復旧を祈っている。

 

▶今日の関連株

大江戸温泉

大江戸温泉物語

三連休は福島県を旅行し、昨日は会津若松の山中にある東山温泉で、大江戸温泉物語の経営する「東山グランドホテル」に宿泊した。食事面では、温泉旅館というと、中居さんが料理を部屋まで運んでくれるというスタイルが多いが、大江戸温泉の施設では、グループ全体で食材を一括仕入れし、バイキング形式で提供することで人件費を抑え、コストを効率化している。それでいて料理もまあなかなか悪くなかった印象。

そして施設面。大江戸温泉物語は、保有している施設をREIT(不動産投資信託)に売却していて、東山グランドホテルも大江戸温泉REIT保有物件なので、施設の取得価格が公開されているが、それによると12.3億。123室もある割にかなり安く取得している。これは大江戸温泉が経営破綻した民間の宿泊施設や経営が苦しい公共の宿泊施設を割安に買収しているためである。東山グランドホテルも2007年に運営会社が経営破綻していて、2008年にたったの6億円で大江戸温泉グループに買収されている。

このような経営方針で1泊2食付き7,980円という低価格を可能にし、人気を集めている。手頃な価格で、温泉に入れて、食事もできて、浴衣も着れる、外国人にも人気。施設数の増加、訪日観光客の増加とともにまだまだ業績を伸ばしそうだ。

f:id:enterprise-research:20191015081736p:plain

 


▶今日の関連株

治水

▶治水

水が得られる土地の近くで暮らしてきた人間の歴史は治水の歴史でもある。エジプト文明メソポタミア文明インダス文明黄河文明の世界四大文明の歴史をみると、やはり治水事業というのは、かつては最も重要な政策の一つだったことは間違いない。

 

翻って、近年、日本では「公共事業」というと無駄遣いだとかそういう良くないイメージがついていて、厳しい財政状況もあり、公共事業費を削減する動きがある。何十年に一度、百年に一度に備えたダムや堤防は、問題なく台風や大雨が通り過ぎれば感謝されないし、重要性も理解されにくいけど、こういうインフラの費用は削っちゃいかんなと昨日、今日の嵐の中で感じた。こう感じた国民は多いのではないかと思うし、今は日銀が大規模な金融緩和を続けていて、国債金利も低く推移している。消費増税後の景気対策としても、公共事業の拡大が受け入れられやすい環境が整っている。

 

予算が付いてもすぐには効果は出ないが、例えば、今回話題になった61年前の狩野川台風を契機に14年の歳月と700億円をかけて狩野川放水路が作られ、今回の台風19号の被害を抑えた。このようにすぐに効果が出るものではないけれど、毎回、教訓を得て、次はより被害を抑える。その次はさらに被害を抑えるというのが治水事業だと思う。

 

今週末は、治水について少し詳しくなった週末だった。週明けは建設株が買われるのだろうか。

 

▶今日の関連株

逃した魚「創通」

▶逃した魚「創通」

東証ジャスダック上場の「創通」が、バンダイナムコホールディングスに買収された。創通株はこの頃1,800円台で推移していたが、3,100円でのTOB

www.nikkei.com

 

自分はだいたいいつも、
・現金/時価総額≧40%
自己資本比率≧60%
・現金/総資産≧30%
・営業CF≧1百万円
・PBR<1.8倍
・PER<25倍
というような条件で「バフェットコード」でスクリーニングをしているが、創通はいつもいつも引っかかるため、買いを検討していたこと多かった。結局、買わなかったので、「逃した魚」の大きさにショックを受けている。

 

創通は、アニメやキャラクターの版権管理を行なっている会社で、管理している版権の中で特に有名なのが『機動戦士ガンダム』シリーズ。今回、創通を買収するバンダイナムコグループサンライズとともに共同で『ガンダム』の権利を保有していて、プラモデルでも、アニメでも、映画でも、どこかに小ちゃく「©️創通・サンライズ」と書かれている。創通の営業利益のほとんどを稼ぐライツ事業は、ほとんどが『ガンダム』関連によるものである。

f:id:enterprise-research:20191011131713p:plain

 

f:id:enterprise-research:20191011130407p:plain

「現金の塊みたいな会社。美しいB/S」

版権ビジネスをしているため、資産の内容がとても良く、総資産の約8割が現金。無借金で、営業利益率もなかなか高い。

 


www.nikkei.com

10日の取引では、買収する側のバンダイナムコホールディングスの株は、買収金額の負担を懸念して売られたみたいだが、無借金で、流動性の高い資産267億円(現金217億、受取手形売掛金20億、投資有価証券28億)を持ち、最終利益で20億円程度稼ぐ会社が350億円で手に入るのであればかなり安い。これまで創通に分配してきた『ガンダム』関連の収益もバンダイナムコHD内部に留めることができるようになるし、良い買収ではないだろうか。

 

 

創通は逃してしまったが、前述のスクリーニング条件でまた良い会社を見つけて、今度はちゃんと獲りたい。

 

▶今日の関連株

マクロミル

マクロミル

インターネットによる市場調査を行うマクロミルの株価が安い。今日の終値でPER8.11倍、PBR1.20倍。直近3期平均で売上高が10%以上伸びていて、市場調査ビジネスが景気変動による影響を受けにくいことから言っても、なぜこんなに売られているのか。

f:id:enterprise-research:20191008121608p:plain

 

 

マクロミルは、2004年に東証マザーズに上場したが、経営基盤強化のため、約470億円で2014年に投資ファンドベイン・キャピタルの傘下に入り、一旦、上場廃止となった。上場廃止となってからは、オランダの同業を買収するなどし、海外展開を進めた上で、3年後の2017年に再上場した。再上場時の公募時時価総額は約800億円だった。そして今日の終値では時価総額は約360億円である。やはり過去の時価総額で比較しても安い。

 

f:id:enterprise-research:20191008124924p:plain

成長力も収益力も高いマクロミルだが、懸念点はB/Sが非常に汚いことだ。上場前に行なった買収などに絡む、借入金が多く、また資産に占める「のれん」の割合が非常に大きい。無形資産の一種である「のれん」は企業がM&Aを行う際の買収額と被買収会社との差額であるが、マクロミルの場合は、ベイン・キャピタルマクロミルを買収した際に利用したペーパーカンパニーBCJ‐11、BCJ‐12)とマクロミルが合併しているので、ペーパーカンパニーの「のれん」を引き継いでいる。そのため、「のれん」の源は自社である。

 

マクロミル国際会計基準IFRS)を適用しているので、「のれん」の定期償却は必要ないが、収益力が悪化すると「のれん」を減損しなければならない。2019年6月期で「のれん」が総資産の約6割を占める486億円。この歪な財務構造が投資家から敬遠されている可能性はある。

 

ただ、「のれん」の減損が必要なほど収益力が悪化しているとは思えず、借入金も順調に返済してきている。2020年6月期は投資先行期で一時的に減益となる計画だが、来期以降の成長軌道への復帰が明確になれば、後から見ればここが買い場になるのではないかと思う。

 

▶今日の関連株

W杯スポンサーの大正製薬

▶W杯スポンサーの大正製薬

愛知県豊田市にある豊田スタジアムで行われた、ラグビーW杯日本代表の第3試合サモア戦を観に行ってきた。

f:id:enterprise-research:20191007080335j:plain

 

試合は終始、日本がリードしていたものの、一方的な展開ではなく、ピンチもありながら、試合時間80分を超えたラストワンプレーの中で決まったトライなど見どころが多かった。やはり自国開催ということもあり、観客は日本人が90%以上というかんじで、試合開始前の国家斉唱や、日本のピンチでどこからともなく始まる「日本コール」が最高だった。そして試合終了後は日本代表、サモア代表の選手が一列に並んでスタンドに向かって礼。まさに試合が終われば「ノーサイド」。ラグビーは非常に気持ちのいいスポーツだった。

f:id:enterprise-research:20191007080412j:plain

 

ところで、大正製薬は今大会のスポンサーで、日本代表のユニフォームには胸の部分に「リポビタンD」の文字。豊田市に向かう前の名古屋駅の電光掲示板にも「リポビタンD」のCMが流れ、そして豊田スタジアムでは大正製薬のブースでリポビタンDが無料配布され、今大会で「ずいぶんと金使ってんなあ」と感じた。

 

f:id:enterprise-research:20191007075216p:plain

 

社名の通り、大正製薬は製薬会社だが、ドラッグストアやコンビニでも買える、医師による処方箋を必要としない一般用医薬品医薬部外品を主に製造販売しているため、第一三共のような医療用医薬品の新薬メーカーのように多額の研究開発費を投じる必要はないが、販売促進費や広告宣伝費をかけないといけない。

 

f:id:enterprise-research:20191007075336p:plain

「原価率・販管費率の構造は似ているが、販管費の内訳が大きく異なる」

 

今回のW杯大会スポンサー関連費用も2020年3月期の販売促進費・広告宣伝費として計上されるのだろう。10〜12月期決算に費用に見合う効果が現れるのかどうか期待しながら見ていきたい。

 

大正製薬 リポビタンD 100ml×10本 [指定医薬部外品]

大正製薬 リポビタンD 100ml×10本 [指定医薬部外品]

 

 次の試合は13日土曜日に行われるスコットランド戦(世界ランク9位)。飲んで日本代表を応援といきたいところ。「ファイト一発!」

 

▶今日の関連株

「光通信」について

▶「光通信」について

これまで光通信の投資先について5本のブログ記事を書いたが、光通信がどういう企業なのかということについては書いていなかった。なかなか波乱万丈の歴史、伝説的な記録を持つ企業でもある。

 

光通信は、日本大学を中退した当時22歳の重田康光氏が1988年に創業した企業で、第二電電(DDI、現-KDDI)の電話加入手続き代理店やOA機器の販売を行っていた。1990年代になると携帯電話販売店として急速に業績を拡大し、1996年2月に店頭公開(上場)、重田氏は当時最年少の31歳で店頭公開を果たしたことでも有名になった。

 

2000年にかけては、インターキュー(現-GMOインターネット)、サイバーエージェント一休オン・ザ・エッヂ(旧-ライブドア)、ディップデジタルアーツなど現在でもよく知られたITベンチャーに積極的に投資していたところにITバブルが到来し、同社株は241,000円の株価を付け、時価総額は一時7兆円を超えていた。光通信筆頭株主である重田氏もフォーブス長者番付で世界5位にまで登りつめた、そういう時代もあった。

 

ところが、2000年3月に週刊誌記事で、手数料を得るための携帯電話の架空契約を行なっていたことが明らかになり、また直後の中間決算で赤字に転落したことで株価は今でも語り継がれる「20営業日連続ストップ安」となった。投資していたITベンチャーの価値も急激に下がり、光通信の経営の先行きが不安視された。

 

f:id:enterprise-research:20191004180514p:plain


2000年頃には「倒産する」とまで噂された光通信だったが、現在は不採算な携帯電話販売店を縮小し、法人向けにネット回線、宅配水販売、OA機器販売などの、一度、契約を獲得すると安定して利益が得られるストック型ビジネスで業績を回復させている。

 

そして、かつて行なっていたベンチャー投資も縮小し、現在は中小型の割安な上場企業に対する投資に積極的。昨年2018年は、大量保有報告書(上場企業の株の5%以上を取得した際に提出)・変更報告書(5%から1%以上の増減があった際に提出)を合わせて131件も提出しているが、2位のソフトバンクグループ伊藤忠商事が15件なので、それだけ飛びぬけて頻繁に売買しているということになる。

 

まだまだ2000年につけた最高値241,000円の10分の1ではあるが、業績とともに株価も回復してきている。一度死にかけた企業というのは立ち直ると強い。光通信の動きにはこれからも注目していきたいし、光通信の投資先の記事もまた何度も書くと思う。。。

f:id:enterprise-research:20191004191415p:plain

 

▶今日の関連株

  • 光通信東証一部 9435)携帯電話販売代理店第2位。現在は法人向けビジネスで稼ぐ。保険や宅配水ビジネス、電力販売にも展開。