ラピスラズリの青

主に自分の好きなものや興味のあることと企業をからめて

選挙関連株「ムサシ」

▶選挙関連株「ムサシ」

弊ブログでは、経済や企業経営、そして乃木坂について書くことが多いが、意識的に政治的な内容は書かないようにしている。

 

自分なりに理想の国家像とか政治観というのは中学生とか高校生の頃から持っているけれど、それがある以上は中立に書けないような気がするし、政治的に特定の立場からの意見は、なるべく自分が管理できる範囲内(交友関係の範囲内)で表明したいと思っている。

 

ただ理想は持っているから、20歳になってから国政選挙、地方選挙問わず欠かさず投票しているし、今回もちゃんと投票してきた。

 

支持する政党には少しでも多くの議席を獲得して頑張ってほしいし、もっと20代30代に目を向けた政策を実行してもらうためにも棄権はしたくない。

 

株でも、議決権を行使しない個人投資家が多いが、企業側にプレッシャーをかけて、株主を意識した経営をさせるためにも、やはり意思はしっかり表示するべき。

 

 

 

 

前振りが長くなったが、中立的な立場から、今日は「企業×選挙」、選挙関連株の本命「ムサシ」について少しだけ。

 

ムサシは情報・印刷機材を扱う商社。この企業が選挙関連株と目されるのは、投票用紙から投票箱、投票用紙記載台など選挙関連の製品を手がけているため。ムサシには「金融汎用・選挙システム機材」というセグメントまである。

 

その「金融汎用・選挙システム機材」というセグメントを四半期毎にみてみると、国政選挙、大型選挙がある四半期は業績が明らかに"はねる"

f:id:enterprise-research:20190721214119p:plain

参院選統一地方選は、事前に投開票日の予測ができるため、前の四半期から売上高が伸びているが、急に解散されて選挙になる衆院選では、その四半期に売上高が急増する。

 

参院選が終わって、ホッとしているうちに衆議院解散があるかもだし、そのうち憲法改正の発議もあるかもしれない。そうなれば、またムサシの出番ですね。

 

 

 

おそらく今回の参院選投票率は低い。

www.nikkei.com

 

 

「投票に行こう」

 

▶今日の関連株

  • ムサシ東証JQS 7251)情報・印刷機材の商社。投票用紙計数機から、様々な選挙関連製品の取り扱いを始める。

斉藤優里生誕祭

斉藤優里生誕祭

今日、7月20日はみんなに愛される斉藤優里さんのお誕生日。

f:id:enterprise-research:20190720223038j:plain

「だいたいぜんぶ展で買ったカレンダー、お気に入り」

 

斉藤優里さんは1994年7月20日生まれで、今日で26歳になられた。

 

大袈裟かもしれないけれど、斉藤優里さんと同じ時代に、同じ日本で、同じ東京に住んでいて、偶然にも乃木坂46に目が止まり、何十人ものメンバーの中から見つけることができたことは本当に奇跡だなあと思う。

 

同じ奇跡を感じるふぁみたん(斉藤優里さんのファン)は多いと思うし、多くの人にそう思わせるのは、やっぱり斉藤優里さんの魅力なんだろう。

 

注文をつけるようで、悪いけど、乃木坂46を卒業して、これから新たな環境に身を置いても"26歳らしく"なるんじゃなくて、その魅力をそのまま、今までの"斉藤優里"らしくいていただけると嬉しいです。

 

それと、僕たち、ふぁみたんはたくさんのしあわせを斉藤優里さんから貰ってきた。だから、斉藤優里さんには誰よりもしあわせになってほしいと思います。

 

これからも僕にとって斉藤優里さんは『1から10まで君次第』、『存在するだけで影響与えてるインフルエンサー』であると思います。

 

良い26歳を過ごせることを祈っております。(僕がそのために、どこかで少しでも貢献出来たらいいなあ)

f:id:enterprise-research:20190720222206p:plain

 

▶今日の関連株

ディズニーリゾートのスポンサー

▶ディズニーリゾートのスポンサー

東京ディズニーシーTDS)に新アトラクション「ソアリン・ファンタスティック・フライト」が7月23日に開業する。

www.asahi.com

ソアリンへの総投資額は180億円で、スポンサーは三菱重工系の空調設備工事会社「新菱冷熱工業

 

新菱冷熱工業はソアリン以前から東京ディズニーランドTDL)で「蒸気船マークトウェイン号」のスポンサーでもある。

 

f:id:enterprise-research:20190719225105p:plain

f:id:enterprise-research:20190719225120p:plain

東京ディズニーリゾートTDR)では全部で28社のスポンサーがいて、各業種から1社だけが選ばれているが、

 

このようにアトラクション等パーク設備にスポンサー制度が導入されているのには、歴史的な経緯がある。

 

 

東京ディズニーランドは1980年に建設が開始され、当初の建設費の見込みは650億円であったが、米ディズニー社と、ディズニーランド開発を担当する子会社ウォルト・ディズニーイマジニアリング社はディズニーの名にふさわしいクオリティにこだわり、

 

建設費は着工した時点で既に950億円に膨れ上がり、工事開始半年で1,200億円を超えた。

 

この建設費の膨張で、オリエンタルランドは、建設費を圧縮することを銀行団に求められたが、ランドのクオリティを下げることはできず、

 

スポンサーにアトラクションや飲食店の建設費の一部を負担させる代わりに、宣伝にTDLを使えるというスポンサー制度を導入した。

 

詳細なスポンサー料は明らかになっていないが、パナソニックの「スター・ツアーズ」は建設費140億円で、パナソニックは年10億を10年間支払うシステムだったというので、おそらくスポンサー料はかなり大きい。

 

 

 

東京ディズニーリゾートのアトラクションなどの高いクオリティは、毎日多くのゲストを満足させている。しかし、それはオリエンタルランドや米Walt Disney Companyだけじゃなく、スポンサー企業が一翼を担っていることをちょっと頭の片隅に置いて、TDRを回るとおもしろいかもしれない。

 

f:id:enterprise-research:20190719224541p:plain

ソアリンが完成したけど、さらにTDL大規模開発(設備投資額750億円)、TDS大規模拡張(同2,500億円)、『トイ・ストーリー』ホテル(同315億円)など大規模投資が目白押し、ここにもスポンサー入るんですかね。完成したら行ってみたい。

 

 

 

追記

(ディズニーオタクの斉藤優里さんや伊藤かりんちゃんの、ディズニー関連のインスタ投稿をみていて、最近、Walt Disney Company株やオリエンタルランド株が買いたくなってきた)

f:id:enterprise-research:20190719225310j:plain

(最近、気づいたけどオタクがWalt Disney Company株を買うと、美しいお金のフローができる)↓

f:id:enterprise-research:20190719223418p:plain

 

▶今日の関連株

NACK5の2019年度決算公告

NACK5の2019年度決算公告

上場企業や特定の条件に当てはまる企業は有価証券報告書の提出が義務付けられている。また非上場企業であっても、株主総会の後で決算を公告することが法律で定められている。(実際には非上場企業の多くは決算を公告していない)

 

日本では特に3月決算企業が多く、決算の基準日から3ヶ月以内に株主総会を開くので、決算公告はだいたい6月末とか7月上旬になされる。

 

斉藤優里さんが月曜日パーソナリティを務めていらっしゃる『Nutty Radio Show THE魂』の放送局「株式会社エフエムナックファイブ 」も3月決算だから、今週、決算公告が出た。

 

 

f:id:enterprise-research:20190718231856p:plain

2019年3月期は売上高29億74百万円(前年比▲1.7%)、営業利益2億39百万円(▲38.5%)だった。

 

2019年度はスポットCMの出稿が微減だったことで売上高が減少、開局30周年イベントや特別番組の制作費用、東京支社移転費用がかさんで営業利益は大幅に減少した。まあ営業利益率でいうとまだ8.0%あるので、ラジオ局の中じゃ、儲かってる方だと思う。

 

 

そして、B/Sの方。

f:id:enterprise-research:20190718231925p:plain

相変わらずめちゃくちゃ美しい。

 

資産の大半が現金預金。借入金はほぼゼロで、自己資本は分厚い。安定的に毎年最終黒字であることも考えるとちょっとやそっとじゃ揺るがない強固な財務体質。

 

ラジオ局の経営って、それほど良さそうなイメージはないけど、NACK5は超優良企業ですね。

 

 

 

乃木坂46を6月いっぱいで卒業した斉藤優里さんですが、7月からは「斉藤優里」として、引き続き『Nutty Radio Show THE魂』の月曜パーソナリティを務めている。

 

斉藤優里さんには、強固な財務体質と安定した収益のもと、末永くNACK5で活躍してほしいと一リスナーである僕は願っています。そして素敵な声と素敵なワードセンスがより多くの人の耳に届きますように。

 

▶今日の関連株

大谷翔平選手と日本航空電子工業

大谷翔平選手と日本航空電子工業

昨年はメジャーでも二刀流で素晴らしい成績を残して新人王を獲得し、今季も現時点で打率.298 14本塁打 40打点をあげている大谷翔平選手。

 

テレビ朝日の夕方のニュース番組を見ていると、今日のエンゼルスの試合では大谷選手の「ボベルヘッド(首振り人形)」が試合前に配られたというニュースをやっていた。

full-count.jp

 

f:id:enterprise-research:20190717211614j:plain

これが配られたボベルヘッドで、似てるかどうかもアレなんだけど、ボベルヘッドの台座に付いている「JAE」というのが気になって、調べてみた。

 

f:id:enterprise-research:20190717212853p:plain

ebayに裏側からの写真が写ってるボベルヘッドが出品されていて、日本語で「航空電子」と書いてある。JAEというのは、日本の電子部品メーカー「日本航空電子工業」のことだったのだ。

 

日本航空電子は、NEC系の電子部品メーカーで、主にコネクターを製造販売している他、パネル部品や航空宇宙用電子機器を手がけている。

 

そして、日本航空電子の製品の米国エリアでの販売を担う販売子会社JAE Electronics, Inc.カリフォルニア州アーバイン市に置いている。

 

アーバイン市は、大谷選手が所属するロサンゼルス・エンゼルスが本拠地を置くアナハイム市の隣に位置していて、おそらくその縁があって、2018年からエンゼルスとスポンサー契約を結んでいるのだと思う。

f:id:enterprise-research:20190717214324p:plain

 

僕は小学生の頃、2年間だけ、アメリカのまさにアーバイン市に住んでいたのだけど、アーバイン市も含めたロサンゼルス都市圏には全米最大の7万人の日本人が住んでいて、日系企業も多く進出している。日系スーパーや日本人学校もあり、最も日本人が住みやすいアメリカの都市とも言われる。

 

そういう場所で、日本から来た大谷選手が活躍しているというのは、現地に住んでいる日本人にとって大きな誇りだろうし、これからも大谷選手には怪我だけには気を付けて頑張ってほしいなあと思う。

 

▶今日の関連株

セリア・ロイル

▶セリア・ロイル

僕は普段、コンビニでアイスを買うことがほとんどないけど、数日前に友達が家に来たときに、友達の分も合わせてコンビニでアイスを買った。

 

その時買ったのがこれ。

f:id:enterprise-research:20190716215235j:plain

クッキーとかナッツのザクザク食感が良いし、美味しかった。これだったらたまにコンビニでアイス買ってもいいかなあ。

 

 

 

毎度のことだけど、気になるのがメーカー。

f:id:enterprise-research:20190716215521j:plain

裏返すと製造者は「株式会社セリア・ロイル

 

自分は普通の人よりかは企業に詳しいつもりだけど、この企業は知らなかった。一方でアイスに詳しい友達は当然のように知っていたから、より多くの企業を知るためにはもっと視野や活動範囲を広げなきゃいけないなと思った。

 

 

このセリア・ロイルは調べるともともとはファミレス「ロイヤルホスト」を運営するロイヤルホールディングスの食品事業子会社だったらしい。

 

かつての社名は「ロイヤル食品」で、2006年までロイヤルHDの100%子会社でロイヤルホスト向けのアイスを作っていたが、ロイヤルホスト向けの売上比率が10%以下に低下したのに伴い、経営の自由度を高めるため、2015年に独立した。

 

ロイヤルホストは日本のファミレス界のパイオニア的存在なのだけど、その歴史を見ると、

 

戦後、米軍基地内でのベーカリー工場の経営など、米軍関係の取引をしていた江頭匡一が、米軍占領の終わりを見据えて、1953年に開いたフランス料理店が始まりで、当初からセントラルキッチン(集中調理工場)で食材を調理し、それを各店舗に配送して、仕上げだけを各店舗で行う方式をいち早く導入していた。

 

セリア・ロイル(旧‐ロイヤル食品)もおそらく、各店舗で提供するアイスクリームをセントラルキッチン方式で製造していた工場だったのではないかと思う。

 

飲食業界は、セントラルキッチン方式を導入したことで、画一的な味を多くの店舗で提供できるようになり、現在のように飲食業が産業化することができた。

 

調べてみると、コンビニで何気なく買ったアイスからもそういうことが学べるわけで、やっぱりもっと視野とか活動範囲を広げなきゃなと思った。

 

▶今日の関連株

 

「日向坂46」とセンサーの巨人

▶「日向坂46」とセンサーの巨人

昨日、7月14日放送の『日向坂で会いましょう』は7月17日発売の2ndシングル『ドレミソラシド』のヒット祈願の前編だった。

 

これまで1stアルバムではバンジー、1stシングルでは120km駅伝をしている日向坂46だが、今回は琵琶湖で、中国由来の「ドラゴンボート」というボートを15km漕いで日吉大社まで行くというもの。

f:id:enterprise-research:20190715205146p:plain

f:id:enterprise-research:20190715205209p:plain


最近、乃木坂のヒット祈願が生ぬるいかんじのものが多くなっている(みんな忙しいから仕方ないね)、一方で日向坂が1stシングルに引き続き、過酷なヒット祈願をしているのは、やっぱり見ていて感情移入しちゃう。

 

 


ボートのコースを見て、企業オタクの僕は「この辺にオプテックスの本社あるんだよなあ」と思いながら『ひなあい』を観ていた。

f:id:enterprise-research:20190715210723p:plain

 

さらに番組を観ていると、日向坂のメンバーがボートの体験施設「オーパル」でドラゴンボートのレクチャーを受けている様子が映っていた。

f:id:enterprise-research:20190715211255p:plain

 

このボート体験施設「オーパル」は調べてみると「オーパルオプテックス」という会社で衝撃を受けた。。。

 

「これはオプテックスの子会社の施設だったのだ!」

 

f:id:enterprise-research:20190715221258p:plain

「よく見ると丹生ちゃんの後ろに写っているのはオプテックス本社っぽい」

 

 

 

 

センサーのオプテックスがマリンレジャーの子会社なんか持ってるのに興味を持って、さらに調べてみると、オプテックスは現‐相談役の小林徹氏が1979年に設立した企業で、

 

同志社大学の学生だった頃、ボート部に所属していた小林氏は、琵琶湖で青春時代を過ごし、琵琶湖に魅せられ、オプテックスを創業してからも湖畔に本社を建て、ついにはボートやカヌーを使うマリンレジャー子会社まで設立したというわけ。

 

もちろん本業はレジャーではなくて、防犯用センサーや自動ドアのセンサーを製造していて、世界シェアトップを誇る。

 

業績も右肩上がりで、特にここ数年は急成長している優良企業。

f:id:enterprise-research:20190715221123p:plain

 

 

 

 

京阪神と名古屋を結ぶ東西交通の要衝にある滋賀県には東レパナソニックダイハツ工業など県外大企業が立地するけど、一方で、日本電気硝子フジテックオプテックスのような強みを持つ地場企業もある。

 

滋賀県の会社は古くから「三方良し(売り手良し、買い手良し、世間良し)」を大切にしている。オプテックスもボートやカヌーの振興で「世間良し」を果たしているのかもしれない。

 

 

 

これからIoTやビッグデータの時代になると、データを集めるために各種センサーはもっと重要になってくる。

 

成長著しいオプテックスからも、快進撃が止まらない日向坂46からもしばらく目が離せなそうですね。

 

 

ドレミソラシド (TYPE-A) (Blu-ray Disc付) (特典なし)

ドレミソラシド (TYPE-A) (Blu-ray Disc付) (特典なし)

 

 

 

▶今日の関連株

  • オプテックスグループ東証一部 6914)防犯センサーや自動ドアセンサーなど各種センサーをて手掛ける。M&Aにも積極的。

馬券を買うより株を買え

▶馬券を買うより株を買え

友達に誘われて、昨日は大井競馬場に行ってきた。

 

大井競馬場は東京23区(特別区競馬組合)が主催者の「東京シティ競馬」という地方競馬レースが行われている競馬場。

 

前から「平日の夕方から競馬開催して人集まるんかな」と思ってたけど、仕事終わりに行く人とか結構いるんだなあと実感した。

 

ナイター競馬というのもなかなか悪くない。

 

f:id:enterprise-research:20190711220339j:plain

「スターティングゲートがめちゃくちゃ近い。目の前で開くんだけど。。。」

 

 

ところで、投資家の間では「大井競馬場」と聞いて、すぐ思いつくのが「東京都競馬」という企業。

 

中央競馬JRA)は審判業務から競馬場の運営、ネット投票システムの運営など競馬開催業務のほとんどを自前で行なっているけど、東京シティ競馬はその部分が少し違う。

 

東京シティ競馬では、審判業務など公平性に関わる重要な部分だけは特別区競馬組合が行なっていて、競馬場の運営やネット投票システムの運営などの民間でもできる部分は民間企業に委託している。

 

その業務を請け負っているのが、「東京都競馬」。東京都競馬東証一部に上場しているから、競馬関連株の本命としても有名。

 

 

 

東京都競馬がどういう企業かを簡単に言うと「大井競馬場の大家さん」的存在。つまり大井競馬場保有している。

 

場内の飲食店の運営やネット投票システム「SPAT4」の運営も行っていて、東京シティ競馬の勝馬投票券売上高に応じて一定の賃貸料やシステム利用料を受け取っている。

f:id:enterprise-research:20190711220016p:plain

 

競馬関連事業の他にも都内で「東京サマーランド」というプールや、倉庫業、商業施設の運営なども行っている。

f:id:enterprise-research:20190711221520p:plain

大井競馬場周辺を歩いているとそういう東京都競馬のビジネスがたくさん見られる。しかも競馬場があるこの島は、その名も「勝島」。勝負事する場所として相応しい地名。。。

f:id:enterprise-research:20190711224701p:plain

 

 

競馬は勝ち負けがはっきりと、すぐ決まるしエキサイティング。

 

だけど、株は倒産しない限りハズレ馬券にはならないし、こういう風に一つの企業のビジネスを調べたりしていると底がない楽しさがある。東京都競馬みたいな安定収入源がある企業の株ならなおさら「馬券を買うより株を買え」かもしれませんね。

 

▶今日の関連株

あきたこまち

あきたこまち

昨日、鈴木絢音ちゃんが、応援大使を務める秋田県大潟村についてブログを書いていた。

 

絢音ちゃんは大潟村ふるさと納税をして、その返礼品としてあきたこまちが届いたらしい。

f:id:enterprise-research:20190710221049j:plain

絢音ちゃん、お美しくて、まさに「あきたこまち」(意味は知らない)

 

秋田県って、やっぱりあきたこまちが有名で、米どころというイメージが強いけれど、「他になにか産業あったっけ?」と思って調べてみた。

 

秋田県に本社を置く上場企業は、地方銀行秋田銀行、イオン系スーパーのマックスバリュ東北秋田大学からのバイオベンチャーUMNファーマ半導体検査装置のインスペックの4社。


全国的に見ても4社というのは少なく、そのうち地銀や中央資本であるイオン系スーパーは秋田県特有の企業とは言えず、残りの2社も規模が小さいベンチャーだから、秋田県は日本の中でも産業基盤が弱く、特に製造業が弱い地域だということがわかる。

 

まあ製造業が弱いといっても全くないわけではなく、秋田県にはいくつかの製造業の工場などが進出していて、特に絶大な影響力がある製造業企業が大手電子部品メーカーのTDK

 

TDKは東京で創業した企業であるが、創業者の齋藤憲三氏が秋田県にかほ市出身である縁から、1938年に実家の齋藤家の米蔵を改造して工場を作ったのがきっかけで、今でも国内生産拠点20か所のうち、7か所が秋田県に立地している。

f:id:enterprise-research:20190710234222p:plain

 

電子部品は市況の影響を大きく受けるため、立地している自治体でもTDKの動向が大きく経済を左右し、「TDKがくしゃみをすると、立地している地域は風邪をひく」とか言われたりする。民主党政権時代の円高のときはTDKも立地自治体もやばかったらしい。

 


まあ産業基盤が弱い秋田県だけど、秋田空港秋田新幹線、高速道路も整い、鉱業に強い秋田大学や、語学に定評のある国際教養大学など、産業発展のための資源は少なくないように思うから、うまく企業や工場を誘致すれば秋田経済を強くできる余地はあるかもしれない。

 

秋田県にも絢音ちゃんの頑張りに負けないように頑張ってほしいですね。

 

今日の関連株

  • TDK東証一部 6762)電子部品大手。HDD用磁気ヘッド、コンデンサーなど受動部品を展開。創業者の出身地である秋田県に生産拠点集中。

北海道土産をつくる鳥取県の会社

▶北海道土産をつくる鳥取県の会社

北海道で自分のために買ってきた、六花亭の「マルセイバターサンド」

f:id:enterprise-research:20190709212434j:plain

 

これ、本当に好きで、北海道に行くたび買って帰ってくる。毎日1つずつ食べるわけだけど、1つ、また1つと減っていくのが寂しいくらい好き。

 

北海道は小豆や甜菜糖、小麦粉、牛乳、バターなどお菓子作りに必要な原材料に恵まれているから、美味しいお菓子が多い。

 

六花亭以外にも、北海道のお土産というと、例えば、ルタオのドゥーブルフロマージュROYCEの生チョコあたりが思いつく。

 

六花亭六花亭製菓(北海道帯広市)、ROYCEロイズコンフェクト(北海道札幌市)、ルタオケイシイシイ(北海道千歳市)と、全て北海道の企業が作っているんだけど、実はルタオケイシイシイだけは道外資本。

 

ルタオは完全に小樽ブランドが定着しているけど、寿スピリッツという鳥取県の製菓会社の傘下にある。ケイシイシイの社名の由来も「Kotobuki Chocolate Company」

www.nikkei.com

 

 

寿スピリッツは、寿製菓という社名で、1952年に鳥取県で創業し、山陰地方の土産物用菓子を製造販売していた企業で、

 

1980年代にかけて石川県や兵庫県などに次々と菓子製造子会社を設立し拡大していった。

 

1990年代には経営不振に陥った製菓会社を買収して再生させたりもした。「ルタオ」のケイシイシイもそのうちの一社で、寿スピリッツがまだ寿製菓だった1996年に千歳市の廃業寸前のチョコレート工場を買収し、小樽を拠点にチョコレートなどを販売しはじめた。

 

そうしているうちに、同社の看板商品である「ドゥーブルフロマージュ」がテレビなどで取り上げられたことをきっかけに「ルタオ」は有名になり、現在では寿スピリッツの売上高の3割、営業利益の2割強がケイシイシイからのものになるまでに成長した。

 

 

 

お土産用お菓子を製造している会社なんて、一見、成長性は低そうだし、儲かりそうでもないけど、寿スピリッツは年々、業績を伸ばしていて、前期は営業利益も14.7%とかなり高い。自己資本が分厚い一方で、ROEは20%台なので、投資先としては超優良。

f:id:enterprise-research:20190709212917p:plain

f:id:enterprise-research:20190709214815p:plain

「寿スピリッツの直近ROEは23.5%と日本企業平均9.8%を大きく上回る」

優良企業を中心に組み入れているいくつかの投資信託も同社を積極的に買っているらしい。

 

 

 

鳥取県の上場企業というのは、地銀の鳥取銀行、電子部品の日本セラミックトミタ電機、そして寿スピリッツのたったの4社しかないが、

 

そのうちの1社が超優良企業で、北海道など各地に根づいて、その地のお土産用お菓子を売っているというのがなんかおもしろいし、こういう良い意味で変な地方企業は大切にしていきたいね。

 

 

(寿スピリッツの株価は5年で7倍ってところ)

f:id:enterprise-research:20190709215835p:plain

 

▶今日の関連株

  • 寿スピリッツ東証一部 2222)土産物用お菓子などを製造販売。傘下にルタオケイシイシイなど。
  • 日本セラミック東証一部 6929)同じく鳥取県に本社を置く、数少ない上場企業。赤外線センサー、超音波センサーで高い世界シェアを持つ。財務も良い優良企業。